ひやま法律事務所 > 不動産問題

不動産問題に関する基礎知識や事例

不動産トラブルといっても、売買に関するトラブルから賃貸借に関するトラブルまでさまざまな種類があります。この中でも、店舗事業主が立ち退きを請求するというような場合については、民法上の賃貸借契約や所有権に関する条文のみならず、不動産賃貸借に関する特別法である、借地借家法という法律を参照する必要があります。たとえば、借地借家法では、不動産賃貸借契約関係を賃貸人側から解約するには、正当事由が必要とされており、民法よりも賃借人の保護が手厚くなっているなどの特量があり、注意が必要です。

このように、必ずしも民法だけを参照すればいいというわけではなく、必要に応じて、民法以外の特別法をも参照したうえで、どのような特別な配慮が必要になるかを判断する必要があるといえるでしょう。

ひやま法律事務所は不動産立ち退き、相続、離婚、借金の法律問題を取り扱っております。大阪府、阪神間を中心として、関西全域にお住いの皆様からのご相談を承っております。不動産トラブルなどについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

檜山智志弁護士の写真

依頼者様の不安を早期かつ親身に解決致します!

不動産立ち退きのトラブル、相続、離婚、借金問題など、誰にも相談できない悩み事に親身に向き合いサポートいたします。お一人で悩まず、まずはご相談ください。解決策がきっと見つかります。

  • 代表弁護士
    檜山 智志(ひやま さとし)
  • 所属団体
    大阪弁護士会

事務所概要

名称 ひやま法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 檜山 智志(ひやま さとし)
住所 〒530-0036 大阪市北区与力町1-5 与力町パークビル4階
電話番号/FAX番号 Tel.06-4792-7550 Fax.06-4792-7551
電話対応時間 9:00~20:00 事前予約で時間外でも対応可能。当日・夜間・土日いつでもご相談ください