ひやま法律事務所 > 相続に関するキーワード > 相続 財産 管理 人 弁護士

相続 財産 管理 人 弁護士

  • 不動産トラブルを弁護士に相談するメリット

    そこで、不動産トラブルについては、事実関係を説明して、法律の専門家たる弁護士に相談することが安全といえるでしょう。 ひやま法律事務所は不動産立ち退き、相続、離婚、借金の法律問題を取り扱っております。大阪府、阪神間を中心として、関西全域にお住いの皆様からのご相談を承っております。不動産トラブルなどについてお困りの際...

  • 再開発事業の都市計画による立退き交渉

    賃貸借契約の当事者間で、賃貸借契約関係の解消のために、賃貸から賃借に対して払われることのある者が立退料であるのに対し、都市開発に際して、行政から土地所有者等に支払われるものとして、都市計画補償金というものがあります。これらの違いとして、立退料は甘楽図師も支払われるとは限らないのに対し、都市計画補償金については...

  • 立ち退き料の相場とは

    借地借家法28条には正当事由の判断要素も規定されており、これによれば、まず、主たる判断要素として、当事者双方が建物を使用する必要性を衡量し、借地の建物使用の必要性が賃貸の建物使用の必要性よりも、非常に大きければ、原則として、正当事由は否定されると考えられています。そして、補完的な考慮要素として、契約締結の経緯...

  • 土地建物の明け渡し請求について

    このように、不動産賃貸借契約においては、賃借の地位の保護が図られているため、賃貸借契約関係を終了させるには注意が必要です。 例えば、不動産賃貸借に限らず、一般的に契約期間中に賃貸借契約を終了させる方法としては、契約の解除(民法540条以下)をすることが考えられます。もっとも、契約の解除をする場合、相手方に債務不...

  • 不動産売買契約トラブル

     ひやま法律事務所は不動産立ち退き、相続、離婚、借金の法律問題を取り扱っております。大阪府、阪神間を中心として、関西全域にお住いの皆様からのご相談を承っております。不動産トラブルなどについてお困りの際はお気軽にお問い合わせください。豊富な知識と経験からご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

  • 賃貸契約トラブル

    不動産トラブルの中でも、特に不動産賃貸借をしている場合において、賃借が家賃を滞納しているというトラブルがあります。この場合に賃貸オーナーの方が取りうる手段として、まず、賃料の支払いを請求する権利は契約がある以上、法的にも認められるため、賃借に請求するということがあります。賃借が請求に素直に応じてくれるのであ...

  • 共有不動産の分割

    まず、共有とは、数がそれぞれ共同所有の割合としての持ち分を有して一つの物を所有することをいいます。例としては、複数の相続が土地を共同相続した場合があげられます(民法898条)。そして、共有者は、いつでも共有物の分割を請求できるとされています(民法256条1項本文)。分割の請求があるときには、共有者は分割につい...

  • 借金の問題解決を弁護士に依頼するメリット

    借金の問題解決を相談する際は、弁護士に依頼することがおすすめです。 弁護士であれば、直接、金融業者などの債権者と交渉を行うことができ、金額の制限なく、裁判手続きも代行することができます。そして、債権者のやり取りを債務者本に代わって行うことにより、金融業者などからの取立行為を一切ストップさせることができるのです。...

  • 法人の破産手続き

    会社の事業の見通しが立たなくなり、資金繰りも悪化しているような状況であれば、法の破産手続をとることになります。法の破産は、債務超過の状態にある法について、裁判所によって選任された破産管財が会社に残っている資産を処分し、すべての債権者に対して公平に配分を行う手続きとなります。 手続き自体は地方裁判所に申し立...

  • 自己破産

    ただし、裁判官の裁量によって免責を認めて貰える場合もあるため、弁護士などと相談しつつ、対策を講じていくと良いでしょう。 自己破産は借金の支払義務がなくなるため、債務者にとっては一番メリットが大きい債務整理の方法となります。しかし、同時に大きなデメリットも抱えることになるため、おすすめできる方法とは言い難いのが現実...

  • 任意整理

    任意整理とは、債務者本もしくは代理が債権者と交渉をして、将来利息や遅延損害金の支払いを免除して貰う代わりに、残った借金を36~60回の分割返済にするという手続きになります。分割返済の回数はあくまでも一般的に和解の際に提示されている回数であって、場合によっては回数が異なる可能性があります。 借金を返済していく上...

  • 給与所得者等再生の要件

    再生手続には、「小規模個再生手続」と「給与所得者等再生手続」という2つの方法があります。そのうち、「給与所得者等再生手続」は主にサラリーマンを対象とした制度となっています。 給与所得者等再生手続では、再生手続によって借金の金額が減額されることに消費者金融業者などの債権者が反対したとしても、裁判所によって借金...

  • 小規模個人再生の要件

    再生手続には、「小規模個再生手続」と「給与所得者等再生手続」という2つの方法があります。そのうち、「小規模個再生手続」は自営業者などを対象とした制度となっています。 小規模個再生手続では、借金を減額することに同意しない債権者が全体の半数以上いる場合や、同意しない債権者が保有する債権額が総債権額の2分の1...

  • 個人再生(個人民事再生)

    再生(個民事再生)は、裁判所での手続きを踏むことによって、借金の減額を図る債務整理の方法になります。手続きが完了すれば、すべての債務のうち一部を返済免除として貰え、残りの債務を原則3年間かけて返済することになります。 個再生の魅力は、債務を大幅に減額できるという点にあります。多くの方は借金が5分の1程度に...

  • 親権・養育費と面会交流について

    養育費とは、子どもが成となるまでに養育するのにかかる費用のことをさします。夫婦が婚姻している間は、夫婦それぞれが意識せず養育費を負担していますが、離婚後はそれぞれの経済的な状況なども踏まえながら、負担することが求められます。養育費は、原則として経済的に貧しい状況であっても負担することが求められます。養育費の支払...

  • 離婚が認められる理由とは

    家庭のご事情はそれぞれですから、弁護士への相談が解決への近道です。 ひやま法律事務所は、大阪府を中心に関西全域にて、離婚問題をはじめとして、相続問題、債務整理、不動産問題のご相談を承っております。初回相談は30分無料で承っております。離婚についてお悩みの方は、ひやま法律事務所まで、当日・夜間・土日いつでもお気軽に...

  • 離婚の種類

    双方に弁護士がつくことはありますが、家庭裁判所などの第三者機関を利用することはありません。一般的に行われている離婚の方法で、日本で成立している離婚の約9割が協議離婚によるものだといわれています。 2.調停離婚とは、夫婦の間に家庭裁判所の調停委員会が入り、離婚について話し合いをすすめていき、成立させる離婚の方法をさ...

  • 相続問題で弁護士に依頼できること

    相続は、相続財産調査や相続調査などの専門的な知識の伴う非常に煩雑で面倒な作業を行う必要があります。特に相続調査は、戸籍謄本などを集めて、相続の範囲を確定しなければいけません。ご自身でも行うことができますが、膨大な時間がかかってしまいますので、専門家である弁護士にお任せください。 また、その後の遺産分割協議で...

  • 遺産分割協議と遺産分割協議書の作成について

    相続財産調査や相続調査が終わり、故の遺言がない場合は、遺産分割協議を開催します。遺産分割協議には相続全員の参加が必須となります。もし、一でも相続が欠けた遺産分割協議が開催された場合、その遺産分割協議は無効となってしまいますので、ご注意ください。仮に、精神疾患や未成年などの問題で遺産分割協議に参加できない...

  • 相続人と遺留分について

    もし、被相続が遺言で「愛に全財産を遺贈する」といった内容の遺言を遺していた場合、本来財産相続するはずだった相続が金銭的に困ってしまう場合があります。このようなことを防ぐために、民法では相続に一定の財産相続を保障しています。これを遺留分といいます。遺留分は兄弟姉妹を除く相続に認められています。 仮に、...

当事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

檜山智志弁護士の写真

依頼者様の不安を早期かつ親身に解決致します!

不動産立ち退きのトラブル、相続、離婚、借金問題など、誰にも相談できない悩み事に親身に向き合いサポートいたします。お一人で悩まず、まずはご相談ください。解決策がきっと見つかります。

  • 代表弁護士
    檜山 智志(ひやま さとし)
  • 所属団体
    大阪弁護士会

事務所概要

名称 ひやま法律事務所
所属 大阪弁護士会
代表者 檜山 智志(ひやま さとし)
住所 〒530-0036 大阪市北区与力町1-5 与力町パークビル4階
電話番号/FAX番号 Tel.06-4792-7550 Fax.06-4792-7551
電話対応時間 9:00~20:00 事前予約で時間外でも対応可能。当日・夜間・土日いつでもご相談ください